月別アーカイブ: 2016年12月

6月20日(日)はれ 


昨日から家族全員、悪いウイルスにやられている。
朝から4人とも、かかりつけの病院で診察してもらった。
ミヤ&リオは咳・鼻水・発熱、キラは鼻づまり、マサは喉の腫れ。
症状も違うから、処方された薬も全員バラバラ。
管理が大変。
「仲良しな家族は全員にうつっちゃうんだよね?。」
と先生に言われたのがせめてもの救いだ。
あんまり嬉しくないけれども!

昔買ったきりでずっとご無沙汰という

昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の指輪やネックレスなどが沢山あるという方もいるでしょう。
もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みを考えてみてはどうでしょう。
金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも最近は増えてきましたので、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。
若い頃から父がずっと集めて楽しんでいた大量の切手があるのですが、他の方にお譲りしたいと思っています。
シートでなく、一枚ものも多いので、買取が一度で済めば一番いいのかなと思っています。かなり気を遣って保管していたので父が好きだった切手を、欲しいと思う方に渡せるようにしたいです。思えば、多彩な切手を集めていたのですね。物の価値というのは難しいものです。特に中古ブランド品の価値に関しては、人気によっては高値が付いたり、元の値段からは考えられないほど低い値段になったりと普通の人が一見して判るようなものではありません。
そういう訳ですから、使わなくなって保管しているだけのブランドの何かに、思いがけない高値がつけられるというようなことだって、ないわけではありません。
もちろん、それ程おいしい話ばかり転がっている訳ではありませんが、使わずに置いているだけのブランド品があれば、気楽に査定を受けてみましょう。なんでもない品だと思っていたのに、とんでもない人気商品に変わっている可能性もある訳です。ブランド品も奥が深いですね。次の人にも大事に着てもらいたい着物を高く買い取ってもらうために手間を惜しまないなら、査定を何軒かで受けた後、買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。
査定後のキャンセルができる業者を利用した方がいいでしょう。
データが揃った後で、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、買取の条件を査定のときに言われたら、しっかり確認し、それも比較してから決めるべきです。
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。
中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。
すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。
純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。
最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつてはわからなかったような情報もうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。
ただし、それらをどう使うかは人によります。金銭対価が生じる着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、信頼できそうな業者に絞ってから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。残念ながら金買取には悪質なケースもあります。
業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方がここ数年で急増しています。
買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。
当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。亡くなった方の切手帳が遺されていたり、使用する機会のない切手がそのままになっていれば、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。
その際、大事なことは、買取業者をどうやって選ぶか、です。普段から集めていますという場合を除いては、殆どの方が詳細は分からないと思うので、どのような切手買取の実績があるのかについて、そして、世間の評判はどうなのかも判断基準に入れ、最終的に業者を決めるといいと思います。

6月17日(木)くもり 


昨日は調子が悪かった。
あまりに悪いので、マサさんに早退してもらって病院へ行った。
薬をもらって横になっていると、
リオが楽しそうにまたがってくる。
うつ伏せとか仰向けとか関係なく。
マサに「毛布にくるまってれば?」と言われたが
それこそリオの思うツボだ。(リオは毛布好き)

リーマンショック以降、タンスの肥や

リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。
お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。
買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。
今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。
大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。
自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、やはり自宅保管では心配なので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。
しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、最初から現金にして銀行に預けておくのが選択肢の一つです。着物の買取の話を聞いて興味を持ち、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、買取の流れは初めての人にもわかりやすく、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も複数あるようです。
自分の場合を考えると着物の枚数は少ないので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。旧価格の切手が手元にあり、換えてもらって新価格の切手にしようという時には、それら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料を支払う必要があります。10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。
いっそ新しく買った方が、お得なこともありますし、状況次第ですが、買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。
切手は紙製であるということから、実は扱いが難しいものです。
なかでも、熱や湿度の変化に弱く、高く買い取ってもらうためにもどのように保管するかは大事です。ストックリーフ、あるいはストックブックのようなものを使い、直接日の当たらないところで保存してください。
また、なるべく湿気の少ない部屋に保管しましょう。リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。
要らないものを買い取ってもらえるのだから、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。
世界的に名高いブランド、ブルガリは宝飾品のブランドとして知られ、扱う商品はジュエリー、腕時計、香水、バッグなど様々で、数々の質の高い商品を展開してみせてくれています。
1884年、ローマにてソティリオ・ブルガリが創業したブルガリは、当所は銀細工の店としてスタートしました。徐々に発展し、各国に進出を果たしていって、今では世界各地にで直営店がある、人気ブランドとなっております。
買取店においては、ブルガリの時計であれば、人気は大変高く、また、時計は修理ができますから、思った以上に高い値段で、買い取ってもらえるかもしれません。金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金製品というのがあちらこちらに存在しています。金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。
タナボタ感覚でのお小遣いが入ってくることが見込めるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

6月12日(土)くもり


現在キラのベッドの中はこんな有様。
寝かせるスペースだけ確保して、いろんな物が転がっている。
まるで最近流行り(?)の片づけられない人だ。
違うの。
リオがね、ティシュー全部引き出したり、
ミヤのバッグ荒らしたり、マサの本を破るの。
リオ対策に便利だからついついベッドの中に・・・・・。
ごめんね、キラ。

6月11日(金)くもりのちあめ


“残業続きだったマサが、昨日は早く帰ってくれた。
せっかくなので、マサにキラをお願いして
リオと2人で近所のスーパー銭湯へ行った。
リオ、女風呂で終始大泣き。恥ずかしかった。
でも、風呂上がりにマッサージのおじさんに「おいで」と言われ
喜んで抱きついて行った。
恥ずかしかった。

着物の買取を思い立って、それならと査

着物の買取を思い立って、それならと査定で高く評価される点をいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。
ブランド品や、上等な品ならばというのは必須条件でしょうが、それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも査定のときにはシビアに見られるようです。
元々の品質は良かったものでも見てわかるくらいの傷があればそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。普通は切手の買取価格はそんなに高いということはないので通常の範囲の枚数の切手を売った場合、税金の心配をする必要はないです。
ただ、切手の中でも額面の価格以上に高価な価値のあるものがあり、その様なものをまとめて売った時に思いがけず高値になり、税金の申告をする必要が出てくる場合があります。イタリアのファッションブランド、ボッテガ・ヴェネタはミケーレ・タッディとレンツォ・ゼンジアーロの二人が1966年に立ち上げました。
主に皮革製品のブランドとして知られ、デザインは見ればそれとすぐわかる、革素材のイントレチャート、編み込みの模様が特徴的で、ブランドロゴは目立ちませんし、製品の形状、バッグや財布の形は概してシンプル、高い品質の革製品で、ずっと持っていても簡単に飽きることはなさそうです。
そこそこカラーバリエーションの多さもあり、色を選ぶ楽しみがありますし、色違いを配偶者にプレゼントすることもできます。
もしも、保管しているだけで使っていないボッテガをお持ちなら、一度、買取店での査定を受けてみてはいかがでしょうか。ボッテガは今とても人気のブランドなので、買取額に期待できます。伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがお手入れするのは結構負担ですよね。
虫干しは定期的に行い、畳むときには和紙を入れ替え保管は桐箪笥に入れてと、時間も体力も使います。そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。
着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。不要な着物を処分した結果、総額で結構な値がつくこともありえます。
これは確定申告が必要?と思うかもしれません。考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、簡単に割り切れない問題です。
金額が多く気になる場合、きちんと申告して、払うべきものを払うために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、不要な切手のやり場に困ったら、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。
この時、大事なことは、買取業者をどうやって選ぶか、です。よほどのマニアならともかく、分かるという人は少ないでしょうから、どのような切手買取の実績があるのかについて、そして、評判の良し悪しも考慮しつつ、業者選択を進めていきましょう。派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を定めているとところが大半でしょう。
よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られると思った方がいいでしょう。僅かながら、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。
しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。この場合でも、18歳を超えていたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。
高価な貴金属には偽物も付き物であり、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。
本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。
しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。
仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。
この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

6月10日(木)くもり


“産院でもらった有名メーカーのミルクがなくなった。
新しいミルクになった途端、キラのミルクの飲みが良くなった気がする。
マサに報告すると「ホントだ。首振らないね。」と言う。
今まで授乳中は首を振って、何度も乳首を離していたのに!
今までミルク飲むのヘタクソとか言ってゴメンね。
違いの分かる男だったのね。
でもね・・・、1番安いミルクなんだよ。
リオに続いてナイス、エコ舌。

6月9日(水)くもり


“マサが「今日、キラにそっくりな人がいたよ?。」と言った。
そりゃあ、キラは成長したらマサになると思うよ。
マサ「今のキラがそのまま大人になったって感じだったよ?。」
?????
ごめんなさい。想像できませんでした。
是非とも見たかったなぁ。”

6月8日(火)くもり


先日1人で買い物に行った。
最近スーパーでは、カートのレンタルに100円が必要なのだ。
カートを返却すれば100円戻ってくる仕組みだ。
その日は運悪く、100円がなかったのでカートはあきらめた。
オムツ、じゃがいも、ニンジン、牛乳などなど重いものを買った。
家に帰って腕を見ると、見事に内出血。
私ももう若くないのね・・・・・。

いろいろあって、売ることになった着

いろいろあって、売ることになった着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。
査定を何軒かで受けた後、買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。
査定後のキャンセルができる業者を利用するのが得策です。
査定額を比べて、検討した後、金額に加え、対応にも信頼の置ける業者と話ができるよう査定時に言われた様々な条件もそこを十分確認してから決めましょう。
知らない人はいないと思いますが、本来、切手は普段郵便物に貼るような形に一つずつ切り分けてあるということはありません。
元々はそういった切手がいくつか纏まった、いわゆる「切手シート」として印刷されます。
切手の買取の場合、当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、纏まっていない切手で売るより買取価格が高くなることがよくあります。
不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、その商品購入時に付属していたギャランティカードなど、保証書となるものがあるかどうかは大事なことです。
本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、例外はありますが、ギャランティカードがないとその商品の買い取りを断られることもあります。
ところが実は、ギャランティカード等の保証書が付属していなくても、そのお店の査定員が本物であると鑑定したなら、買い取ってくれるところも、なくはないようです。
ギャランティーカードが必要なブランド品についての情報は多くの買取店がHPなどに載せていますから、見てみると良いでしょう。
原則としては、購入時の付属品は揃っていた方が良いです。買取価格がぜんぜん変わってきます。
通常だと切手を買い取ってもらう場合は、買い取ってもらいたい切手を業者に直接持っていく、いわゆる「店頭買取」が一般的だったのですが、昨今は、増えつつあるのが、出張や宅配を通して買取を行うお店です。
大量に買い取ってほしい切手があるのなら、店に持っていくだけでも大変です。
そして、ご自宅から業者まで距離がある場合は、時間も交通費もバカになりませんので出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。
ブランド品にも色々ありますが、中でも腕時計は少し特殊な部類かもしれません。少し以前の話ですが原則として正常に動くものしか買い取ってはもらえず、故障でもしていれば買い取ってくれるようなお店はない、というのが常識でした。
そんな風潮も今は昔、最新の業界内ではかなり事情は変わっています。
随分前に針が止まってしまっているものや、目に見えるような傷がついているもの、それにバンドが切れてしまっているなどの、そう軽くはない損傷を受けているものであったとしても、ブランドの高級品という条件さえクリアしていれば取り扱いをしてくれる、そんな買取店が今や大半を占めるようになってきました。
しかしながら、限度というものがありますので、文字盤が割れているなど激しく損傷を受けているものは、買い取ってもらえないこともあります。
私は和服が好きですが、最近になって着物買取専門店の広告をよく見かけるようになりました。もったいないからと手放さないでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。
新しくて状態が良い着物は専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、思い切って早めに買い取ってもらうと良いでしょう。
着物を着ると、日本人であることを実感しますがお手入れするのは結構負担ですよね。
虫干しに始まって和紙を挟んでから形通りに畳み、桐箪笥での保管も必要と、実に大変です。そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。着ない着物を生かすことにもなりますしお手入れの負担も少し軽くなります。金の価値が上がっている昨今、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取をするケースが増えています。
評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うケースが増えてきています。
金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。
金買取の利用を検討している場合は、専門店と並んで有力な候補になります。